プラスチックカードの通販をお探しなら激安・高品質がモットーのカード市場。
診察券・メンバーズカード・薄型カード・磁気カード・ICカードならお任せください!
カード市場は国内製造で全国へ通販するカード会社です。


激安 プラスチックカード 春の新商品です。

たいへんお世話になっております。
株式会社カード市場です。

更新、滞っておりました。申し訳ございません。
春の新商品の開発に勤しんでおりました。

『メタリック プラスチック カード』

shop800_800metal02

■輝くカラーメタリックで、ワンクラス上の高級感溢れるカードです。
■上品なメタリック調のプラスチックカードをベースに金か銀の箔押しで名入れ致します。プラスチックカードで、美容室やエステ関係のお客様におススメです。
■名入れの文字は、「金」か「銀」の箔押しです。
■裏面は、ハンコが押せる仕上げです。スタンプカードとしてもご利用下さい。

よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ

FC2ブログ凍結騒動

たいへんお世話になっております。
株式会社カード市場です。

さて、一昨日夜より、FC2ブログで大量のアカウント凍結がありました。(現在は、ブログのほうは復活している。)

FC2ブログの大量凍結騒動は「誤凍結」―― FC2ブログが謝罪、原因はアダルトキーワードの誤検出

記事によれば、アダルト系を中心に、一般ブログも巻き添えを食った様子です。
ネット界隈では結構な騒ぎになっていたみたいです。
さすがに、商用で利用している方は居ないと思ういますが、アフェブログなどで小遣い稼ぎしている方などは肝を冷やされたかもしれません。

まぁ、無料のサービスだから、利用者も文句は言えないわけですが。
とはいえ、通常、広告バナー等の掲載という形で対価を支払ってるわけだから、理不尽の感はぬぐえないですね。

FC2といえば、最近は、社長が逮捕されたり、利用者が逮捕されたりと、最近お騒がせ続きですね。
今回は、「キーワード自動検出システムの誤検出」が直接の原因であったわけですが、実は、何かまずいもののログ消しの為のカモフラージュだったとか。。。。ないか。

FC2ブログは、過去にも、不定期に大量凍結があったようですね。
今回の凍結は、誤凍結だけに規模が大きく、影響もそれなりにあったことでしょう。
では変わりに、「独自ドメインでブログを」とワードプレスなどをお勧めとして挙げる、ブログ記事なども見かけましたが、これはこれでハードルは高かろうと思われます。

現在、そのワードプレスでブログを書かせていただいているわけですが。
レイアウトの修正に時間が掛かっているのは、ワードプレスのせいばかりでない事を書き添えておきます。
テーマの選定を間違ったみたいです。現在、最選定中。もうしばらくお待ちください。

よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ

ブログランキング参加中

たいへんお世話になっております。
株式会社カード市場です。

さて、昨日よりブログランキングなるものに参加を始めました。

それにしてもブログランキング、気のせいかサイトの数が減ってるように感じた。
やっぱり、動画サイトが一般化したことで、テキストサイトが苦戦している影響かもしれません。

ひとまず。
現在参加中なのは、以下の2つです。
そのうち増やすかもしれません。


人気ブログランキングへ
クリックお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
クリックお願いしますm(__)m

まぁ、ここでの順位はそんなにこだわりませんが。
関係者各位は、毎日、ポチッとして頂けるとありがたいです。

よろしくお願いいたします。

それにしても、ブログのレイアウトが定まりませぬぅ。
WordPressのテーマに依存しているらしく、細かく弄るのが大変な仕様の模様。
後日、テーマ変更になると思います。


人気ブログランキングへ

出来る人、出来ない人

たいへんお世話になっております。
株式会社カード市場です。

さて、昨日提携先の工場に伺い、今後の生産・販売体制に関して打ち合わせを行った。

スタッフの中には、まだPCそのものに不慣れな方もいるので、アレコレとご指導申し上げた。

その際。

「仕事は出来るが、遅刻常習者」と「遅刻はないが、仕事は出来ない」は、どちらが良い社員か?

という話題になった。

「いやいや、遅刻してる段階で、仕事出来てるとは言わないでしょ。」

という突っ込みは横に置き、ここでいう“仕事”とは、作業本体、ということである。

考え方は、立場立場によって違うものであろう、経営者、同僚、上司、部下、第三者…。

私としては、優劣を着けるまでもなく「どっちも良くない」ということになる。比較の対象ですら無いと言っても良いわけだが。

だから、目の前で該当者の一方が一方を非難するのは滑稽ですらある。この場合、より積極的に相手を非難する方が「己を知らぬ」分、劣勢であるかもしれないな。

 

ともかく。

あまり詰めすぎて、角が立ってもいけないので、その場での結論には(あえて)至らなかった。

 

日本の労働人口の49%、人工知能・ロボットで代替可能に 10~20年後 NRI試算

 

試算ほど、急激な変化があるかはわからないが、社員の非正規化が進んだ速度等を考えると、10~20年というのは、さもありなん。

 

言葉を選ぶが。

該当者諸氏も、それなりの(自分なりの)正当性があるのであろう。第三者が結論したり、非難したりするのは、まさに「大きなお世話」である。

まぁ、業種そのものが、代替可能のように試算されているのだ。上の優劣は、そのうち世の中が勝手に判断するであろう。

 

私は私で私の仕事を頑張ればよいのである。淘汰されないように。

 

長文失礼しました。

よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ